[リストへもどる]
新着記事(15件)

新着記事15件を表示しました。

投稿時間:17/03/24(Fri) 21:35
投稿者名:はなちゃん
Eメール:
URL :
タイトル:Re: 生保標準生命表2007
日本アクチュアリー会の会員情報を拝見いたしました。

『(別紙3)意見提出様式』のWordファイル作成者に某社の名前が。

意図的なのでしょうか?

投稿時間:17/02/17(Fri) 22:30
投稿者名:海女件
Eメール:
URL :
タイトル:月2で10m
立場上、妥当な給与水準と言わざるを得ない”悲しさ”が感じられますが、それにしても浮世離れですね(笑)

見合う報酬と言うからには、10m以上の貢献があることを客観的に説明する必要があると思うのですが・・・。

現場の方々は何も言えないのでしょうね。

投稿時間:16/12/21(Wed) 20:54
投稿者名:体脂肪率vs対死亡率
Eメール:
URL :
タイトル:生保標準生命表2007
これまで11月〜12月に、日本アクチュアリー会から”標準生命表2007の水準の妥当性について”が公表されておりましたが、今年はまだですね。

もし、標準利率に続き、2年連続での標準基礎率改定となれば、それなりのインパクトがありそうですが、逆ざや補てん等のために、予定死亡率引下げには、なかなか踏み込みづらい側面もありそうですね。

本格的な合従連衡のスタートになるかもしれません。2017年は。

投稿時間:16/09/03(Sat) 22:10
投稿者名:通りすがり
Eメール:
URL :
タイトル:同意
同意します。

しかし、イワーキングさんは、アクチュアリー以外に対してはす
ごくシニカルなのに、アクチュアリーに対してはサラリーマン根性を遺憾なく発揮して
ますね。

投稿時間:16/06/06(Mon) 09:46
投稿者名:坂本嘉輝
Eメール:sakamoto.y@acalax.info
URL :
タイトル:Re: 無題
投稿ありがとうございます。

残念ながらリスク管理を考えるさんもきたむらけいいちさんもよく知りませんし、言われている不満というのも目にしたことがないのでよくわかりませんが、不満が多い、というのはアクチュアリーに限った話ではないように思います。

『良いお歳の良い役職のアクチュアリー』というのは、ほめていただいているのか揶揄されているのか意味が一寸解りませんが、確かに世間的にいい歳だ、というのは確かです。
いい役職、というのは何を意味しているのか分かりませんが、役職と言えるのは零細企業の代表取締役、というだけで、これは自分で会社を作って自分で社長になれば誰でもなれることです。
『かなり驚き』というのもよく意味がわかりませんが、不快な驚きでなければいいんですが。

管理人

投稿時間:16/06/04(Sat) 21:22
投稿者名:アクチュアリーのブログ
Eメール:
URL :
タイトル:無題
アクチュアリーって、不満の多い職業なんですかね。つい前、リスク管理を考えるさんがよく話題になってました。きたむらけいいちさんという方も、Twitterでパターン化された不満ぶちまけてますよね。結構な役職の人でもブログに子供のような不満ぶちまけてる人もいますし。こちらのブログは良いお歳の良い役職のアクチュアリーの方と聞いてかなり驚きでした。

http://s.ameblo.jp/elaky/entry-12167298325.html

投稿時間:16/04/26(Tue) 17:30
投稿者名:坂本嘉輝
Eメール:sakamoto.y@acalax.info
URL :
タイトル:チェック番号
最近、この練習帳のページはほとんど投稿がなくなっていますが、その代わりに本来の主旨と違う投稿が入ってくるようになってしまいました。
そこで、投稿の際、入力を求めているチェック番号の桁数を増やすことにしました。
本気で投稿しようとしている人でなければ、わざわざ何桁も間違いないように入力する手間は嫌だろう、という狙いです。
これでしばらく様子を見ようと思います。
効果がなければさらに桁数を増やしてみようと思います。

これで変な投稿がなくなってくれればうれしいのですが。

管理人

投稿時間:16/04/09(Sat) 14:01
投稿者名:わおわお
Eメール:
URL :
タイトル:無題
最近有名になった経営数理部でまもなく政変が起きるかも。部下が何か仕掛けて
くるらしい。

投稿時間:15/03/20(Fri) 19:18
投稿者名:erm_insurance
Eメール:
URL :
タイトル:Re^2: ERMのブログ
ご返信ありがとうございます。

おっしゃるとおり、ERMという用語は、保険会社だけでなく、一般事業会社まで含んだ意味で用いられていると理解しています。しかし、保険会社の外にまで議論の範囲を広げるのは私の能力を超えますので、あくまでも保険会社のERMに絞りたいと考えています。

さらにアクチュアリアルな範囲に絞り込むかどうかという点ですが、こちらはERMにおけるアクチュアリアルな範囲の意味するところが必ずしも明確ではないと考えています。例えば、市場リスクや信用リスクは、アクチュアリアルな範囲に含まれるかどうかは人それぞれかもしれませんが、ブログではスコープに含めたいと考えています。

前回から、またいくつか記事を追加していますので、ご意見、疑問点等およせ頂けると幸甚です。

投稿時間:15/02/27(Fri) 09:09
投稿者名:坂本嘉輝
Eメール:sakamoto.y@acalax.info
URL :
タイトル:Re: ERMのブログ
erm_insuranceさん、
投稿ありがとうございます。
なかなか面白そうなブログですね。

私はERMという言葉はあまり詳しくないんですが、一般企業まで含めてERMをアクチュアリーの職域としてとらえる、という考え方と、保険会社自体のERMを考える、ということと、両方あるような気がしています。
保険会社自体のERMは従来からやってきたことをERMという名前でとらえなおして整理しよう、ということだと思いますが、ERMというのは必ずしもアクチュアリアルな問題にとどまるものではないように思います。

erm_insuranceさんが取り上げようとしているのは、保険会社のアクチュアリアルなERMの諸問題、という理解でよろしいでしょうか?

投稿時間:15/02/26(Thu) 23:44
投稿者名:erm_insurance
Eメール:
URL :
タイトル:ERMのブログ
保険会社のERMに関するブログを始めました。ご意見賜わることができれば幸いです。

http://blogs.yahoo.co.jp/erm_insurance

投稿時間:14/02/14(Fri) 18:16
投稿者名:坂本嘉輝
Eメール:sakamoto.y@acalax.info
URL :
タイトル:ハレーの生命表
「ハレー」というのは、あのハレー彗星のハレーです。
この人が史上はじめて実際の死亡データにもとづいて生命表を作り、その生命表を使って生命年金の計算をした、その論文を紹介します。

例によって訳文と、それに若干の説明を追加しています。

年金の計算では、まず単生の年金を計算し、次に二人の連生の年金を計算し、調子にのって三人の連生年金の計算までしているのですが、さすがにそこの部分はあまりにも込み入っていて、また訳す意味もあまりなさそうなので省略しましたが、それ以外は全訳です。

とにかく史上初の生命表がどのようにして作られ、どのように使われようとしていたかがわかる論文です。

単に「ハレーが最初に生命表を作った」では収まり切れない面白い話がいろいろみつかります。

良かったら読んでみて下さい。

http://www.acalax.info/bbs/halley.pdf

A4 20ページになるため、pdfファイルにしてあります。好きなようにダウンロードしてお読み下さい。

久しぶりのアクチュアリー関係の資料なので、ブログと練習帳掲示板と両方にこの記事を載せておきます。

投稿時間:14/02/14(Fri) 14:35
投稿者名:坂本嘉輝
Eメール:sakamoto.y@acalax.info
URL :
タイトル:Re: 無題
学生様、

誰かが返信してくれるかな、と思ってそのままになってしまっていました。
申し訳ありません。

ここのところの解釈ですが、『一定額』というのは必ずしも金額が一定だ、ということではなく、金額の決め方があらかじめ決まっていればそれでいい、と解釈することになっています。

その為、変額保険・変額年金や外貨建て保険なども生命保険会社で取り扱うことができるようになります。

管理人

投稿時間:14/01/26(Sun) 16:09
投稿者名:学生
Eメール:
URL :
タイトル:無題
保険業法第三条第四項には、生命保険免許により引受可能な事業を「人の生存又
は死亡に関し、一定額の保険金を支払うことを約し」のように定義しています。
変額保険は、保険金は一定ではないと思いますが、この条文について、どのよう
に解釈すれば良いのでしょうか?

投稿時間:13/12/30(Mon) 22:18
投稿者名:すぎます
Eメール:
URL :http://www.watchcopyjapan.com/brand-patek-philippe/
タイトル:ここでの評価が高かった
ここでの評価が高かったので興味があり購入しました。普段はカシオのオシアナスを使っています。それと比べるのは値段からしてどーかとも思いますが、ちょっと安っぽいです(特にバンド)。それと写真写りが良すぎます。要注意です。でも値段から考えれば、まあOKです。
http://www.watchcopyjapan.com/brand-patek-philippe/



- この掲示板の著作権については、- Web Forum - をご覧ください。