2011年1月18日 のアーカイブ

ハラダシ病の報告

2011年1月18日 火曜日

一昨年の6月にハラダシ病で入院・退院して、その後時々病院に通いながら最初は薬を貰って飲み、あとは目薬だけ貰ってさしていましたが、先週3ヵ月ぶりに病院で診てもらって、「残っている目薬を使い終わったらそれで終了!」と言われました。あとは「また何かおかしくなったらいつでも来て下さい」ということでした。

「おかしくなったら」と言っても、おかしくなったかどうかうまく判断できるかどうか自信はないのですが、とりあえず1年半がかりのハラダシ病との付き合いもこれで一段落です。

さすがに正月明けの病院は大賑わいで、10時半の予約が診てもらったのは2時過ぎくらいで、お世話になった先生に「商売繁盛ですね」と言ったらキョトンとしてました。

皆さんにご心配をおかけしたかも知れませんが、もうこの病気については当面大丈夫です(再発の可能性はありと説明を受けています)。

内閣改造

2011年1月18日 火曜日

菅さんの内閣改造、大変な騒ぎになってますね。
小沢グループはずしをはっきりさせたり、与謝野さんを入れたり、いよいよマニフェストから離れることを明確にしたようです。

小沢さんもあいかわらずバタバタと変化球を出し続けていますが、これで政治倫理審査会・・・これは無視して出て来ないでしょうから、次に証人喚問というシナリオが出来上がったようですね。
その段階であくまで出席を拒んで病気になるというシナリオが想定されますが、そうなるとここの所積極的にいろんな所で顔を出してしゃべったりすることも続けられなくなって、一気に存在感がなくなってしまいそうで、何とも難しい状況になりそうです。

自民党は今の所あくまで対決姿勢を見せていますが、小沢抜きになってマニフェストを引っ込めた民主党となら協力しても良いという考えもありそうです。
マニフェストを引っ込めるんだったら解散・総選挙だ、っていう威勢の良い発言もありますが、自民党も民主党もまだ準備が整っていないので、今選挙をしてみてもあまり効果はなさそうです。

民主党の方は、小沢抜きで今までのマニフェストを引っ込めて政権を取ってから1年ちょっとの経験を踏まえて新しいマニフェストを作らなきゃならないというグループと、あくまで今までのマニフェストを堅持するんだというグループとに分かれて、改めてマニフェストを作り直さなければならないし、自民党も、民主党が小沢抜きになって心を入れ換えるなら協力しようというグループと、あくまで民主党を叩き潰さないと我慢できないというグループとに分かれて、それぞれマニフェストを検討し、それを有権者にしっかり説明して理解してもらおうと思ったら、やっぱり「すぐに選挙」というわけにはいかないでしょう。

いずれにしても「選挙公約やマニフェストの有効期間は選挙が終わるまで」というのは、従来から、自民党の長期政権の頃から全く変わっていませんから、今更マニフェストを引っ込めるなら解散だ、と自民党が大騒ぎするようなことでもないでしょう。

いずれにしても菅さん、思い切ったことをしてしまいました。頑張ってもらいたいなと思います。